サプリメントで体質改善|栄養をバランス良く摂取して糖尿病予防

笑顔の夫婦

生命活動を支える栄養素

ジュース

人の体ではさまざまな活動がされています。その活動を促す物としてあるのが酵素です。この酵素では消化酵素などの働きがされています。また違う働きには新人代謝を上げる働きをするため、生命においてこれは重要なのです。

バランスと独自の成分

飲み物

青汁だけでは取り入れられないものを積極的に食生活に取り入れることで、その効果を飛躍的に高められるのです。カルシウムやビタミンが豊富に含まれているばかりではなく、レアな成分も多々存在し、含有されています。

血糖値をコントロール

肥満

ブドウ糖とインスリン

白米やパンなどに含まれている炭水化物は、胃腸で分解されてブドウ糖として血液に溶け込んでいきます。そしてそのブドウ糖は、血液の流れによって全身に運ばれ、細胞に吸収された上でエネルギーとして使われます。そして細胞に吸収させるために働いているホルモンが、インスリンです。インスリンの働きが悪くなると、ブドウ糖は吸収されず、血液に残ったままとなります。この状態が長く続くと、糖尿病と診断されるようになります。糖尿病になると、細胞がエネルギーをもらえなくなり、神経や網膜や腎臓などが衰えていきます。そのため糖尿病は、予防したり進行を食い止めたりすることが大事です。そしてそのためには、食物繊維とタウリンとマグネシウムを摂取することが有効とされています。

それぞれの成分の効果

ブドウ糖が血液中に多くとどまると、血糖値が高くなります。血糖値が高くなると、インスリンが細胞にブドウ糖を吸収させようと、無理に働くことになります。それが続くことで糖尿病が進行していくのですが、食物繊維を摂取すると、そもそもブドウ糖が血液に溶け込みにくくなります。つまり、血糖値が高くなりにくくなるわけです。また、タウリンとマグネシウムを摂取すると、インスリンがさかんに分泌されるようになります。インスリンの分泌量が増えれば、インスリンはスムーズにブドウ糖を吸収させることができるようになります。つまりインスリンを無理に働かせずに済むようになり、その結果糖尿病が進行しにくくなるわけです。現在は糖尿病になる人が増えてきているため、多くの人がこれらを食事や健康食品などで積極的に摂取して、血糖値をコントロールしています。

水素水はより身近なものに

水

老化や病気のきっかけとなる「悪玉活性酸素」を抑えてくれるものとして注目が高まっている水素水は、高濃度水素水サーバーとして、一般家庭や公共施設で広まりつつある。水は人間が毎日摂取するものであり、その需要は途切れることはないため、今後もますますその人気は高まっていくものと思われる。